無料
エロ
動画
【風桜】 風俗 デリバリーヘルス デリヘル ホテヘル ヘルス M性感 人妻 熟女など風俗情報満載。
 メジャー球団で内紛続発 カブス、レイズで選手同士が大ゲンカ
2010年06月30日 (水) | 編集 |
メジャーリーグで選手が感情を爆発させ、つかみ合い寸前になる“事件”が相次いでいる。 まず、カブスのザンブラーノ投手(29)。25日のホワイトソックス戦に先発し1回4安打、4失点でダッグアウトに引き揚げると、一塁手のデレク・リーをつかまえ、大声でののしり始めた。 先頭打者のピエールが右翼線二塁打した当たりについて「お前がダイブしていれば取れる当たりだった。あれでリズムが狂った」。

 誤審に泣いた?イングランドもメキシコも
2010年06月28日 (月) | 編集 |
サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は27日、決勝トーナメント1回戦2試合が行われたが、いずれも誤審ともとれる微妙な判定があり、試合の流れが大きく左右された。

 ドイツ―イングランド戦では、1点を追うイングランドのランパードが38分、ミドルシュートを放った。クロスバーに当たったボールは映像で見ると、完全にゴールラインを越えていたが、得点は認められなかった。イングランドのカペロ監督は「あれが、この試合で最も重要な瞬間だった」と、1―4で敗れた最大の敗因にこの場面を挙げた。

 アルゼンチン―メキシコ戦では、26分にアルゼンチンのテベスが均衡を破る先制ゴールを頭で決めた。しかし、メッシの浮き球を受けたテベスの前には、メキシコの選手は一人もおらず、明らかにオフサイドの反則だった。メキシコDFのマルケスは「きつい一撃だった。我々は立ち直れなかった」と肩を落とした。



 パリス・ヒルトン、ファッションショーで酷評される!その美ぼうを「まるでバービー人形」
2010年06月27日 (日) | 編集 |
ブラジルのサン・パウロ・ファッションウィークに参加し、トライトンの2010/11夏コレクションのモデルを務めたパリス・ヒルトンが、「お人形さん」との批評を笑い飛ばした。

 ビッグポンド・ニュース.comによると、パリスは挑発的な白いドレスを着てキャットウォークで歩き、大喝采の中、カメラに投げキッスをしていたとのこと。しかし、そんなパリスに対し、ファション批評家たちは「まるでプラスチックのバービー人形」と批判的なコメントをし、ブラジル人のメイクアップ・アーティストも、「きれいだけどジゼル・ブンチェンほどの美ぼうではない」とコメントした。ただ、パリス自身は人形と同じに見られたことはまったく気にせず、逆に光栄だと思っているようだ。「ほめ言葉として受け止めているわ。だってバービーはわたしにとってアイドルよ」と余裕のコメントをツイッターで発信している。



 国内旅行
2010年06月26日 (土) | 編集 |
スタイリッシュツアー国内旅行 http://stylish.karou.jp/


 [南アW杯]岡田監督「終着点はここではない」 一問一答
2010年06月25日 (金) | 編集 |
◇試合後の記者会見での岡田武史監督の一問一答は次の通り。

 −−試合を振り返って。

 引き分けでもいいということで、受けに回るような戦い方はしたくないと、立ち上がり少し攻撃的な4−2−3−1の布陣で臨んだが、中盤のあいだあいだを使われてボールを回され、ピンチが何回かあった。急いで4−3−3に戻して、なんとかディフェンスが安定したあと、いい形でFKから2点取ってくれた。

 2点は怖い得点差で、何とかもう1点取りたいと思ったが、チャンスがある中で取れず、相手が先にパワープレーしてきた。だが選手は動じることなく、カウンターから3点目を取ってくれた。理想的な展開。冷静に、かつ激しく戦ってくれた選手たちに感謝したい。我々のチームは他のチームにない力がある。サポート陣を含めた27人が一つになれる。サッカーがチームスポーツであることを証明できたと思う。終着点はここではない。次のパラグアイ戦に向けて、あすからスタートしたいと思っている。

 −−日本は過去、海外のW杯で勝ったことがなかったが、ここで勝てた理由は。

 いろんな要因があると思う。このチームを引き受けた時、南アは冬だから暑くない、走れるサッカーがやれる環境にあるはずと思った。涼しい環境は、我々にプラスであったと思う。なによりチーム一丸となって、乗り越えて、初戦に勝てたことが大きな自信となって、本大会で世界相手に力を出せなかったのを、チームの力の中で個々の力をすべて出し切れるようになったのが大きい。

 −−相手がパワープレーで来たとき、いろいろ対処方法があったと思うが、動かなかったのは、どういう観察からか。

 パワープレーに対する対策プランはいくつかあった。ただ、いいボールをけらさず、こぼれ球を拾う、ファウルをしないという原則を、しっかりやっていた。バランスを崩したくなかった。それが一番の要因。あの選手たちにヘディングの強い選手たちを入れても勝てる保証はない。それより、周りでカバーリングしている状況で我慢したほうがいいという判断だった。

 −−外国人の記者が本田に「何で日本はこんなにアグレッシブにプレーしているのか」と聞いていた。そして点も取った。こうした展開は、世界にすごくアピールできたと思うが。

 正直言って、まだまだ、いろいろな意味で世界との差はあると思っている。互角に攻め合って、そこそこはやる。しかし同じ数のチャンスを作ったら、決定力の差でやられる可能性が大きい。中盤のミスからカウンターを受けてピンチを作る。オランダ戦もそうだった。そういうところで結果を出すところから始めて、徐々に自信を付けてきて、きょうのデンマークに対しては、メンタリティーで受けに入らせたくなかった。チームが成長してきてるので、それを止めたくなかった。「勇気を持って、リスクを冒して攻めて出ろ」という指示を与えた。

 −−予選(1次)リーグで見えたものは。

 結果として予選リーグを突破したというのはあるが、この3試合を通して、やはり世界の中でトップレベルと本当の試合をなかなかできない。W杯以外は親善試合しかできない。手探りの状況が「これぐらいでこれぐらいできる」「ここで無理するとやられる」ということを選手たちが肌で感じてつかみだしたのは非常に大きい。ボールをつないでいくのは得意、しかしカウンターを受ける、そのさじ加減の判断が、選手たちに出来るようになった。そこが一番大きい。

 −−序盤はトマソンに走られたが。

 中盤を4人のゾーンにすると、幅を全部カバーできず、あいだあいだでけられる。トマソンもカバーできない。5枚の中盤にすれば、トマソンについていなかなくても、ストッパーがついていて、ボランチ一枚がディフェンスラインをカバーする。トマソンの動きもわかっていたが、2人のボランチだと対処できなかったのが現実。


close