無料
エロ
動画
【風桜】 風俗 デリバリーヘルス デリヘル ホテヘル ヘルス M性感 人妻 熟女など風俗情報満載。
 モーニング娘。OGにアップフロントが圧力! CM不出演の幻のメンバー
2010年10月31日 (日) | 編集 |
ここ数年、「AKB48」にすっかりアイドルの座を奪われてしまっている、かつての国民的グループ「モーニング娘。」。モー娘。のOGらが、その存在を久しぶりに全国へアピールしたのが、10月上旬から放送されている「ジョージア ご褒美ブレイク とろけるカフェオレ」のCMだ。「侍たちの甘い時間」編に元メンバーの中澤裕子、飯田圭織、安倍なつみ、矢口真里、保田圭、小川麻琴、藤本美貴らOG7人が出演中。CM内では、彼女らのデビュー曲「モーニングコーヒー」を彷彿させる曲「アフターヌーンコーヒー」を披露している。

「みんなと活動しているときは当時の気持ちに戻る」(中澤裕子)
「復活おめでとうと言われる」(矢口真里)

 このCMのために限定ユニット「アフターヌーン娘。」を結成したOGたちにも笑顔が浮かぶ。しかし、何か違和感を感じる。少なくともモー娘。のOGは今現在、17人で、アフタヌーン娘。の数より10人足りないが......。

「すでに芸能活動をしていないメンバーや、事務所を離れてしまっているメンバーもいるので全員というのは事実上難しいでしょう。でも、現在もモー娘。と同じ事務所のアップフロントにいるのに選ばれなかったり、モーニングコーヒー発売当時にいなかったメンバーが入っていたりと、中途半端でコンセプトがはっきりしませんね」(芸能事務所関係者)

 事情をよく知る広告代理店関係者は、次のように話す。

「じつは当初、スポンサーやCM制作サイドは、芸能界引退した子を除いた、ほとんどのOGにCM出演を打診していたんです。もちろん、問題児でアップフロントから移籍した後藤真希や加護亜依らにもオファー。移籍先の事務所としてもCM出演は大きな収入になりますし、知名度だって再び上がりますからね。少々の事情があっても出演させたいのが本音なんです。ところが、各事務所と前向きな交渉を進めていた中で突如、白紙になってしまったメンバーがいるんです。どうやら、共演させたくないメンバーにもオファーがいったと知ったアップフロントが、制作会社に圧力をかけたそうです。結局、彼女は幻のメンバーとなってしまいましたね」

 アップフロントが、事務所を離れたメンバーに厳しい対応をとるという姿勢を見せた、今回の再結成。ずっと応援しているファンから見れば、物足りなく"甘い時間"どころか"苦い"、それ以上に渋い出来事に映ったに違いない。



 『アバター』を超えた未来の3D体験、『トロン:レガシー』のポスターが解禁
2010年10月30日 (土) | 編集 |
映画誕生から115年。3Dの登場により、映画はさらなる映像表現を手に入れ、新時代へ突入した。12月17日(金)よりディズニーデジタル3D(TM)で全国公開となる映画『トロン:レガシー』では、誰も観たことのない新世界、スタイリッシュな近未来的映像、予測不可能なドラマに、クラブシーンをリードし続けるエレクトロ・デュオ、ダフト・パンクの音楽、21世紀の人類が初めて体験する圧倒的な3D映像の中で、物語の主人公となった観客の五感はシンクロし、ついには“トロン”に飲み込まれる。

 10月23日(土)には、第23回東京国際映画祭『トロン:レガシー』3Dスペシャル・プレゼンテーションにて、世界で初めての特別映像を公開。誰も見たことのない世界観、どこまでも抜けるような奥行きを感じさせるクリアな映像、まるで異空間に入ったように体感させる映像世界に、会場が興奮の坩堝と化し、一般客のみならず映画関係者や興行関係者からも全編の完成がますます期待され、話題となっている。

 『トロン:レガシー』宣伝サポーターには、女優の山田優とお笑いコンビ・オードリーの就任も決定。12月17日(金)の公開に向けて、映画館やイベントなどでのプロモーションで映画をアピールしていく。

 そんな盛り上がりを見せる中、本日29日より『トロン:レガシー』のポスタービジュアルがウェブ解禁となっている。

『トロン:レガシー』ストーリー
 デジタル界のカリスマであるケヴィン・フリンは、7歳の息子サムを残して姿を消した。20年後、サムは父からの謎のメッセージに導かれて、コンピューターの中の世界に入り込んでしまう。 そこは、父が創造した “理想の世界”──だが、今やクルーという独裁者がすべてを支配していた。命を狙われたサムは、クオラという女性に救出される。はたして父の行方は? そして、人類の存亡を脅かすこの世界の秘密とは…?

主演:ギャレッド・ヘドランド「トロイ」「エラゴン」/ジェフ・ブリッジス「クレイジー・ハート」(アカデミー賞_受賞)/オリヴィア・ワイルド「カンバセーションズ」
監督:ジョセフ・コジンスキー
音楽:ダフト・パンク  オリジナル・サウンドトラック:ウォルト・ディズニー・レコード
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン


 パリス・ヒルトンの自宅に、BeeTVが潜入
2010年10月29日 (金) | 編集 |
パリス・ヒルトンの私生活に独占密着した番組『パリス・ヒルトンのセレブライフ』が、11月1日よりBeeTVにて配信される。

通常は、パーティや来日風景など、華やかにショウアップされた場所でしか見ることのできないパリス・ヒルトン。BeeTVでは、そんなパリスの、今まで日本のテレビ局が入ったことのないロサンゼルスにある自宅の撮影に成功し、さらにパリス本人が数え切れないほどの部屋がある豪邸を自ら案内するという貴重な映像を独占で配信する。自宅には、これまでパリス自身が飾ってきた世界中の雑誌の表紙が、額縁に納められズラリと並べられていたり、ソファにあるクッションにも、パリス本人の顔がプリントされていたりと、パリス一色。それらがすべてこの番組内で明らかになる。

また、パリスの私生活にも密着。独占インタビューで、これまであまり知られていなかったパリスの素顔にも迫る。

さらに、番組配信記念特典として、パリスがプロデュースしたルームウェア「Honey Moon by Paris Hilton」をBeeTVで独占販売することも決定。このルームウェアは、愛犬マリリンちゃんをモデルにしたキュートなプリントがデザインされているなど、彼女ならではのこだわりが満載。番組内でもパリス本人が着用している。



 中国で高まるビビアン・スー排斥の声、中国が東京映画祭で台湾に圧力
2010年10月28日 (木) | 編集 |
東京国際映画祭での台湾に対する呼称に対し、中国側がクレームをつけた事件が波紋を呼んでいる。中国と台湾のネットユーザーがそれぞれネット上で論争を繰り広げる中、中国ネットユーザーは徐若〓(ビビアン・スー/〓は王へんに宣)をボイコットするよう呼びかける声があがっている。台湾の中央通信社が報じた。

 東京国際映画祭に出席するための訪日した中国代表団が、台湾代表団に「台湾」ではなく「中国台湾」、「中華台北」などの名称を使うよう要求したことで、ビビアン・スーをはじめとする台湾代表団は開幕式に参加することができなくなってしまった。

 ビビアン・スーは泣きながら会場を後にし、ブログで「泣きたいけど泣けない」、「自分たちでは解決できないこともある」と綴ると、中国ネット上では反発の声が上がり、大手掲示板では8割以上のユーザーがビビアン・スーの中国本土での芸能活動排斥を支持すると表明した。

 ビビアン・スーに対する非難の声が集まる一方で、日本が中国と台湾に軋轢(あつれき)をもたらしたと日本を対する非難の声も高まっているという。

 Crystal Tour ペット
2010年10月27日 (水) | 編集 |
close