無料
エロ
動画
【風桜】 風俗 デリバリーヘルス デリヘル ホテヘル ヘルス M性感 人妻 熟女など風俗情報満載。
 エリカの母が吐露「帰ってきてほしい」
2010年12月31日 (金) | 編集 |
失踪騒動の渦中にある女優、沢尻エリカ(24)の母、リラさんが30日、都内の自宅でサンケイスポーツの取材にインターホン越しに応じ、「(エリカは)まだ戻っていません」と明かした。27日にはサンケイスポーツに「年内に帰ってくるんじゃない」と話していたリラさんだが、「最近、連絡を取っていないの。年明けにでも帰ってきてほしい」と吐露した。

 離婚秒読みとされた夫でハイパー・メディアクリエイター、高城剛氏(46)と復縁し、スペイン・バルセロナで同居中と一部で報じられたことについて「えっ、ウソでしょ」と絶句。「離婚はしない?」と確認すると、「連絡がないので分からない」と話すにとどめた。



 吉瀬美智子、鮮度の良い女優に
2010年12月30日 (木) | 編集 |
女優、吉瀬美智子(35)が公開中の主演映画「死刑台のエレベーター」(緒方明監督)で、不倫相手を翻弄する悪女を熱演。1957年にフランスの名女優、ジャンヌ・モロー(82)によって大ヒットした名作のリメークに世界で初めて挑んだ。モデルから女優に本格転身したのは32歳。撮影現場でプレッシャーを感じる日々だが、「絶対的に負けない人間力を身につけて、鮮度の良い女優でいたい」と力強く語った。


 2010年のネット事件(犯罪)ダイジェスト……G Dataが発表.
2010年12月29日 (水) | 編集 |
G Data Softwareは29日、2010年における主なネット事件(犯罪)とマルウェアの動向について振り返り、パソコンやネットへの安全対策を呼びかけるコメントを発表した。

 同社では、世界的に景気が冷え込んでいるのとは裏腹に、ネット裏市場では、かつてないほど、好況を呈しているとしている。また、このなかでは「ボットネット」に組み込まれないことが重要とし、ネット犯罪者がボット化させるために仕込むマルウェアの主な方法として

・スパムメール(主に添付ファイルの開封から感染)
・ウェブサイト(閲覧だけで感染するものやフィッシング詐欺など)
・USBメモリ(オートラン機能でネット無接続でも感染)
・ファイル共有ネットワーク(ファイル名につられてダウンロード後に感染)

 の4点を挙げる。さらに同社はネット犯罪は英語がもっとも使われているため、日本語環境では若干、危険な度合いが下がるともいえるとしながらも、今年のネット犯罪状況をみてみると、そろそろ他人事では済まされない状態になっていると注意を促している。

 なお、同社がピックアップした2010年における主なネット事件(犯罪)は以下の通り。
1.【情報流出】尖閣諸島中国漁船衝突ビデオの公開(9月)
デジタルな「ネット情報」の可能性と危険性の両面を広く認知させ、マルウェアやネット犯罪への注意を高める契機にも。

2.【社会的影響】ガンブラー攻撃(〜2010年8月頃まで)
大手企業をはじめ200以上のサイトが被害、国内最大規模。感染サイトへの訪問者のパソコンも感染し、個人情報が盗まれる。

3.【社会的影響】GIGAZINEなど大手ニュースサイトの広告感染(9月)
広告配信会社のサーバーを攻撃し、ネット広告を通じ感染拡大を狙う。偽ウイルス対策ソフトを購入させ、個人情報をも盗む手口。

4.【犯罪】金銭獲得を目的としたロマンシング詐欺犯の逮捕(5月)
ファイル共有ネットワークにマルウェアを仕掛け、金銭をだまし取る。ウイルスを利用した金銭横領詐欺での摘発として、国内初となる。

5.【犯罪】イカタコウイルス作者の(再)逮捕(8月)
「著作権侵害」でかつて逮捕されたことのあるマルウェア作者が、今度はオリジナルイラストと使うも「器物破損罪」で2度目の逮捕。

6.【犯罪】オンラインゲームのパスワード窃盗ウイルス犯の逮捕(11月)
マルウェアを仕込んだサイトにゲーマーを呼び込み、ID/PWを窃取、アイテムをRMT転売で利益も、不正アクセス禁止法違反で逮捕。

7.【海外】巨大ボットネット犯ブレードラボの逮捕(オランダ、10月)
悪質なボットネットを構築していた主犯が産官協力により逮捕。警察も同じ仕組みを使い感染ユーザーに警告も、手法に課題を残す。

8.【海外】スタクスネットによるサイバーテロ(イラン、11月)
4つのMSの脆弱性を悪用した高度なマルウェアを使用した集中攻撃、狙いはイラン核施設、しかも後日イランのセキュリティ専門家が暗殺。

9.【海外】内部告発サイト「ウィキリークス」主宰者の逮捕(英、12月)
尖閣ビデオ流出事件と同様、世界的に機密情報のネット暴露が問われる。ジャーナリストとの連携が鍵、手法として別件逮捕(暴行容疑)は課題。

10.【世界】年間新種マルウェア発生数が200万を超える(1月〜12月)
5年前=数万、2007年=10万、2008年=90万、昨年=150万。2010年は200万超、15秒に1つの新種マルウェアが活動という現実。



 人気声優・水樹奈々、自叙伝を年明け早々に発売!これまでの人生をありのままにつづった書き下ろし!
2010年12月28日 (火) | 編集 |
2年連続となるNHK紅白歌合戦への出場が決定した水樹奈々の書き下ろし自叙伝「深愛」が、1月21日に発売されることが明らかになった。今年で歌手デビュー10年を迎えた水樹が、半生をありのままにつづっている。

 水樹は、現在放送中のアニメ「ハートキャッチプリキュア!」で主人公・花咲つぼみ/キュアブロッサムの声を担当する、あらゆる世代に人気のある人気声優の1人。歌手としてもオリコン1位獲得やNHK紅白歌合戦出場など順調にキャリアを積み上げているほか、今年は映画『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』で女優デビューも果たすなど、活動の幅をさらに広げている。

 今回の自叙伝は、歌手デビュー10周年記念出版作品。演歌歌手を夢見て父とレッスンに励んだ幼少期、数々のカラオケ大会で入賞を重ねた思春期といったファンでもあまり知らない時期についてや、なかなかデビューできずに苦しんでいた時期の苦悩もつづっており、ファンは必読。さらには所属事務所の倒産、最愛の父の病気など、現在の人気を確立するまでに経験したすべてを、水樹が自ら執筆している。

 だが、そのような厳しい現実を描いても、人気声優・歌手としての地位を盤石にした水樹から送られるメッセージは「どんな苦しいときも、まっすぐ前だけを向いていく」というとてもポジティブなもので、そのメッセージに励まされる人も多いかも? 水樹奈々という名前を聞き慣れない人でも、その声を聞いたことがある人なら、ページをめくる手が止まらないこと必定の作品だ。

自叙伝「深愛」は2011年1月21日に幻冬舎より発売 価格:未定



 耽美派歌手Kaya、次なるテーマは“娼婦”
2010年12月27日 (月) | 編集 |
BARKSでの人気連載『百鬼夜行奇譚』でもお馴染み、“耽美派歌手”のKayaがニュー・シングル「マダムローザの娼館」を12月22日にリリースした。◆『百鬼夜行奇譚』第七夜:【娼婦】マダムローザの娼館様々なヒロインを独自の解釈で表現し続けるKayaの、次なるテーマは“娼婦”。16世紀末に実在した、史実上随一ともいわれる悪女、エリザベート・バートリをモチーフに、妖艶かつゴシック・ホラー・テイストで、Kayaオリジナルの娼婦を表現している。

close