無料
エロ
動画
【風桜】 風俗 デリバリーヘルス デリヘル ホテヘル ヘルス M性感 人妻 熟女など風俗情報満載。
 AKB48から演歌歌手誕生!! 大手事務所移籍でAKB48と音事協はさらに蜜月に.
2011年03月31日 (木) | 編集 |
3月29日、18日ぶりの劇場公演を行ったAKB48。舞台演出のセリを動かさず、照明も通常の50%という節電対策を図り、冒頭に1分間の黙とうを行うなど時勢に配慮した上での公演となった。そのラストで、チームAの岩佐美咲が、AKB48として活動を続けながら、演歌歌手になるという夢を叶えるために、異例の事務所移籍を果たすことを自ら発表した。

「4月1日から私はプロダクション尾木から、長良プロダクションに移籍することになりました。演歌を本気でやりたいという、夢に近づくための前向きな移籍なので、これからももっと前向きに頑張っていきたいと思います」

 声を震わせながら、新たな門出を明かした岩佐。7期生として2008年12月に研究生となり、昨年7月からチームAとして活動する彼女について、あるアイドル雑誌の編集者は次のように明かした。

「岩佐は、歌手・玉置成実のPVに出演するなどの芸能経験を経て、AKB48に加入。歌唱力には定評があり、ミュージカル『AKB歌劇団』では主役メンバーを食うほどの歌声を披露。昨年9月のイベント『Team Ogi祭り』では、事務所の先輩である元・おニャン子クラブの城之内早苗の『あじさい橋』を歌い、"ご本人登場"形式で城之内と共演。10月の野外イベント『AKB48東京秋祭り』で開催されたカラオケ大会では、1日目に『津軽海峡冬景色』を歌って優勝し、ハワイ旅行を獲得。2日目にも『天城越え』を披露し、ビブラートを利かせた見事な歌声でファンを魅了しました。また、渡り廊下走り隊7としても活動しています」

 ファンの間では評価の高かった歌が認められ、事務所移籍を果たすことになった岩佐。その背景について、ある業界関係者はこう語った。

「美空ひばりとも交流のあった長良じゅん会長率いる長良プロダクションは、芸能界の老舗事務所。中村玉緒・安岡力也らビッグネームが所属し、氷川きよし・山川豊・田川寿美・水森かおりなど、演歌歌手も多数在籍しています。ですが、次世代を担う演歌歌手が発掘できておらず、そこで、人気のAKB48から岩佐に白羽の矢が立ったようです。岩佐はこれから、AKB48と並行して演歌歌手への厳しい特訓に励み、演歌デビューへの道を探るようです」

 プロダクション尾木から長良プロダクションという大手事務所間の移籍を経て、さらに音事協(日本音楽事業者協会)との磐石なパイプも作ったAKB48。どんな魅力を持つタレントも、その人気を形作るのは事務所のプロモーション手腕による。まだ16歳の岩佐がこれからどんな歌手に成長するのか、注目だ。



 エロを笑いに変換!? 人気AV女優による謎の実験が気になる!
2011年03月28日 (月) | 編集 |
2011年1月、ロフトプラスワンにて、「ローションでお雑煮を作る実験が行われた」という、よく分からない噂を聞きつけた。その実験を行ったのは、「スカパー!アダルト放送大賞2010」にて熟女女優賞を受賞した堀口奈津美さん、おねマスでの活躍も記憶に新しい佐山愛さんという人気AV女優ふたり。そんなふたりのイベント『堀口・佐山の深夜のブチ撒き実験室!』が3月19日の深夜に帰ってくるという情報を入手したので、どんな実験が行われるのか、確かめに行ってきました!
このイベントの前身は「LIVE Station.TV」で放送されていたネットカフェ限定の配信番組で、これまで「電マで生クリームは泡立つのか」、「ローションでゆで卵は作れるのか」といったエロそうでエロくない、でもやっぱりちょっとエロい実験の数々が行われてきたらしい。そんな謎とエロに包まれた実験に興味をそそられた人たち(ほぼ男性)が、イベント当日ロフトプラスワンを埋め尽くした。


 カズ、慈善試合で「みんなの思い送る」
2011年03月27日 (日) | 編集 |
Jリーグ選抜の一員として、29日の東日本大震災の慈善試合で日本代表と対戦するJ2横浜FCのFW三浦知良が27日、試合開催地の大阪市内で取材に応じ「サッカー界を挙げてみんなの思いを、大変な生活を送っている人たちに送りたい」と話した。

 リーグ最年長で44歳の三浦は慈善試合を被災地の仙台などでも行う希望を明らかにし「お互い意地もプライドもある。緊張感のある試合をしたい」と意気込んだ


 暴動や略奪が起きない日本に「人類最高の先進性」と中国人
2011年03月26日 (土) | 編集 |
東北関東大震災の悲劇は海外でも詳細に報じられている。原発事故に対する危機感も少なくないが、各国の報道に共通しているのは、危機に際しても礼節を失わない日本人の精神力への称賛だ。

中国中央電視台(CCTV)は地震関連のニュースを24時間態勢で報道。<秩序があって混乱はまったく見当たらない>としたうえで、<徹夜して救援活動を行った>と対策指揮にあたる菅首相の姿を伝えた。日頃の“反日姿勢”は影をひそめ、日本の社会や首相を称える姿勢が目立っている。

気になる中国人の反応だが、地震発生直後にはネット上に「天罰だ」「祝賀したいなあ」といった書き込みがあった。しかしすぐに「中国人の恥だ」との批判が殺到し、「日本の地震を喜ぶなかれ」という声が主流に。

中国版ツイッター「微博」は、ビル内に足止めされた日本人の様子を紹介。通行の妨げにならないよう階段の両脇に座る写真が掲載され、「(マナーのよさは)教育の結果。国内総生産の規模だけで得られるものではない」とのコメントがついた。この“つぶやき”は7万回以上転載され、「中国は50年後でも実現できない」「とても感動的」「人類で最高の先進性がある」と反響が広まった。



 迫りくる大津波から奇跡的に生還した男性も…大震災に強く心を痛める「引きこもり」の思いと今後
2011年03月25日 (金) | 編集 |
東日本大震災は、改めて様々なことを考えさせてくれる。中でも、筆者が注目しているのは、避難のできない「災害弱者」の問題だ。

 震災後、心が不安定になる人たちが多く見受けられた。現実に起こったこととは到底思えないような惨状を目にして、誰もが喪失感のようなものを抱いたに違いない。

「引きこもり」の心性をもつ人たちの間でも、震災後、そうした異変が起こっていた。

「池上さんは、大丈夫でしたか?」
「ご家族はいかがですか?」
「連絡をお願いします」

 震災の後、そんなメールや電話がいくつも筆者の元に届いた。

 こうした未曾有の災害に遭ってもなお、筆者の身の上や家族のことまで気遣ってくれる、その心根が嬉しい。

 その一方で痛感したのは、「報道を見ていると、まったく眠れない」などと訴える当事者の人たちが、多かったことである。

 たまたま震災翌日の土曜日に、当事者の人たちと都心で飲み会を予定していたのだが、その日は朝から電車が復旧したのを見て、予定通りに決行したところ、半分近くが欠席した。やはり「眠れなかった」「具合が悪い」などと訴える人が多く、相当なショックを受けた様子なのである。

「報道を見ていると、涙が止まらない」「つらい」などと思いを明かす人もいた。

「現実とは思えない惨状から、自分たちが平穏に暮らしているのが、申し訳ない」「こちらにも何らかの負担があったほうが気持ちがラク」というのである。

 話を聞いていると、まるで自分の大事な身体の一部がもぎ取られてしまったかのような“痛み”を感じていることが、ジンと伝わってくる。



close